当メディアは会計事務所が運営しております。こちらより、お気軽にお問い合わせください。

「税務」の検索結果 14件

1/2ページ

会社設立の手続その②会社設立後、税務署、年金事務所での必要な申請手続、申請書の作成

私は、以前、税理士法人に所属しておりました。 当時よく話していたのは「税金=会社の経営コスト」、「税金コストは経営努力によってある程度コントロールができる」という考え方と、その直接の実行方法です。 では、会社をサラリーマンに置き換えるとどうなるでしょう? 「税金・社会保険=サラリーマンの奉職コスト」、「税金・社会保険コストは自助努力によってもほとんどコントロールができない」となります。これは社会の […]

番外編④モバイルで使える便利なITツール、ビジネスアプリのご紹介

私のモバイルは、BusinessとPrivateを特段、区別していません。 モバイルを2台持ち歩くことが億劫であるというのもさることながら、いつでもどこでもどんな状況でも、必要であれば即その場で、時には立ったままでも(電車の中のような場所でも)仕事ができるようにするには、モバイルユーザビリティの高い、業務スタイル、業務装備を自身に設計する必要があります。 顧客情報のような機密性を有するものを、紛失 […]

期末決算対応その⑥。消費税申告書の書き方、免税事業者のトラップを回避するチェックリスト

消費税は日常の生活をする上でどうしてもついて回るものです。払わなくていいのであれば払わない、払う必要があれば払う、これだけ。 むしろ海外にいると、付加価値税なりVATなりで当たり前のように商品棚の売値タグとレジの支払額が大きく違うので、仕方ないかなと悟りの境地でお買い物をします。爆買いはしません。 法人税、所得税と比べても、会社側の経営判断でコントロールできることは少ないです。とはいえ、全くないわ […]

期末決算対応その⑤。法人税の確定申告書の書き方。自分で作成したい

今でこそ、なんでもやります!の便利屋的ポジションで、フロントからミドル、バックまでヒイヒイ言いながらこなしていますが、元々、公認会計士試験勉強を始めたときから財務、会計、経理屋です。 そのあと、税理士法人に行ったり、財務コンサルをしたり、自分で起業して会社の経理実務を裏側で一手に引き受けたりして、実務の中で税務業務を叩き上げてきました。 自分自身の所得税の確定申告をするようになってからは、法人税、 […]

期末決算対応その③年末調整の書き方、大枠と業務フローを理解するには

令和2年の今年度は、年末調整に関する規定の改訂が多いんですよね。今の労働家庭の在り方に寄せるというか、家庭の実負担感を減らしつつも税収は維持するというか。厚労省と財務省のせめぎ合いを感じます。 段階的に毎年料率と規定の改訂が行われるので、10月を過ぎると毎年度年末調整の方法を確認します。基本的な流れは大きくは変わらず、税計算の掛け率と、税額控除の内容、条件が変わっている可能性があります。 元々私は […]

期末決算対応その④支払調書って何?(報酬、契約金、不動産使用料の支払調書)

営業代行、サービス開発委託、生産(OEM)、入出荷代行、経理委託、広告運用代行、デザイン・コーディング外注と会社業務の全てを自社に内製化するのではなく、会社は企画、販売、上流工程に特化して、他の工程を協力企業、派遣技術者、フリーランスと分業、分担して業務デザインするのが今の流行りです。 要は固定人員、設備、機能を持たずに、身軽な会社形態にて事業を進めていくこということ。 事業資金の足りない設立初期 […]

番外編②労働保険の年度更新をエクセルの計算支援ツールを使用して電子申請するためのメソッド

番外編①は、社会保険の算定基礎届の提出と労働保険の年度更新をまとめて一気に仕留める予定でしたが、なんだかんだ盛り込んでいるうちに長くなったので、2つに分けました。 両者には違いがあり、社会保険の算定基礎届は4~6月のその月の支払分を記入します。すなわち、末締め翌月10日払いだと、4月10日、5月10日、6月10日の支払額(3月、4月、5月分給与)を記入します。 なお、この場合、改訂後の社会保険料を […]

期末決算対応その②期末決算はスピード勝負、スケジューリングがものを言う

約二か月間の慌しい時間の始まりです。 某お笑いタレントの脱税?の話ですが、 ・1年分の全営業記録を期末後にまとめて税理士さんに投げました(3年前)・なんもしてませ~ん(2年前)・やらないといけないと思ってましたが忙しくて忘れてました(1年前)・今年も逃げ切れるかな、あ、税務調査来ちゃいました(今年) だったかな?税務署は計画的に数年前から調査して狙っていたらしいですが、よくある、年度終わってからま […]

期末決算対応その①年度最終日前にしておくべき決算前整理、費用計上の早期化

日本のタイムカレンダーは、1月始まり、ないし4月が始まりが多いです。 日本の会社の多くは4月スタート、3月エンド、学校と同じですね。体感的にも分かりやすく受け入れやすいのではと思います。 なので、2月になると、期末(年度末)を意識してそわそわし始め、3月になるといよいよ待ったなし感。 何かやり残していることがあったとしても、翌年度でいいやと手仕舞い。あと1日、あと1日とカウントダウンをしながら、今 […]

毎月の月次処理その③月次決算、試算表作成を1営業日で終わらせる方法

前記事にて、経費精算、支払手続(振込処理)と順にステップを進めてまいりまして、いよいよ月次実績(BS, PL)を月次試算表(残高試算表)にまとめる、月次決算となります。 月次ベースで数字の実績をまとめることは、過去の実績を毎月を単位として今現在地点で把握する(過去⇒現在)、現在の状況を起点として、将来の事業活動の意思決定に用いる材料を作成する(現在⇒未来)に他なりません。 また、会社の中長期の成果 […]