当メディアは会計事務所が運営しております。こちらより、お気軽にお問い合わせください。

2020年10月

番外編⑤創業融資制度の種類、実際に日本政策金融公庫他より融資を受ける際のポイント

アフターコロナ、withコロナの今現在、めちゃめちゃ金融機関から借り入れしやすいです。 資本金の額がなくても、2~3年程度の業務年数と、ある程度の売上高さえあれば、初回のお付き合いの金融機関でも、え?いいの?という金額が借りられます。 しかも2年間の金利据え置きです。 低金利、マイナス金利の世の中なので、貸出から得られる金利収入の額など知れているのでしょうが、政府、特に金融庁から貸出を行うにあたり […]

番外編④モバイルで使える便利なITツール、ビジネスアプリのご紹介

私のモバイルは、BusinessとPrivateを特段、区別していません。 モバイルを2台持ち歩くことが億劫であるというのもさることながら、いつでもどこでもどんな状況でも、必要であれば即その場で、時には立ったままでも(電車の中のような場所でも)仕事ができるようにするには、モバイルユーザビリティの高い、業務スタイル、業務装備を自身に設計する必要があります。 顧客情報のような機密性を有するものを、紛失 […]

期末決算対応その⑥。消費税申告書の書き方、免税事業者のトラップを回避するチェックリスト

消費税は日常の生活をする上でどうしてもついて回るものです。払わなくていいのであれば払わない、払う必要があれば払う、これだけ。 むしろ海外にいると、付加価値税なりVATなりで当たり前のように商品棚の売値タグとレジの支払額が大きく違うので、仕方ないかなと悟りの境地でお買い物をします。爆買いはしません。 法人税、所得税と比べても、会社側の経営判断でコントロールできることは少ないです。とはいえ、全くないわ […]

期末決算対応その⑤。法人税の確定申告書の書き方。自分で作成したい

今でこそ、なんでもやります!の便利屋的ポジションで、フロントからミドル、バックまでヒイヒイ言いながらこなしていますが、元々、公認会計士試験勉強を始めたときから財務、会計、経理屋です。 そのあと、税理士法人に行ったり、財務コンサルをしたり、自分で起業して会社の経理実務を裏側で一手に引き受けたりして、実務の中で税務業務を叩き上げてきました。 自分自身の所得税の確定申告をするようになってからは、法人税、 […]

期末決算対応その③年末調整の書き方、大枠と業務フローを理解するには

令和2年の今年度は、年末調整に関する規定の改訂が多いんですよね。今の労働家庭の在り方に寄せるというか、家庭の実負担感を減らしつつも税収は維持するというか。厚労省と財務省のせめぎ合いを感じます。 段階的に毎年料率と規定の改訂が行われるので、10月を過ぎると毎年度年末調整の方法を確認します。基本的な流れは大きくは変わらず、税計算の掛け率と、税額控除の内容、条件が変わっている可能性があります。 元々私は […]